『トップヒートバリアー』は、“輻射熱”を98%カットすることができる屋外用遮熱材です。
遮熱をすることで、体感温度が変わり、外気温度が30°でも室内は熱さを感じにくくなります。
逆に冬は低温でも寒さを感じにくくなります。
そのためエアコンの稼働率を大幅に低下させることができ、大きなな省エネ効果もあります。
さらに、施工時は足場いらずで工事費用も安く抑えることができます。

省エネ対策の決定版



トップヒートバリアーの優れた特徴


◎ 軽量のパネル材による加工のため施工が容易
◎ 建物内部に伝わる太陽光からの輻射熱を効率よく反射
◎ 断熱材に比べ室内を涼しく快適に保ちやすい
◎ 遮熱塗料とくらべて屋根材の保護、効果の持続性に適している
◎ 素材が薄いので壁を抜くような大掛かりな工事を必要としない
◎ 夏は太陽光を効率よく反射し、冬は暖房の熱を外に逃さない


受賞歴


◉ 特許庁官奨励賞受賞(H30 屋外用遮熱工法)
◉ 栃木県発明協会会長賞受賞(H29 頭寒足熱システム)
◉ 日本弁理士会会長奨励賞受賞(H28 遮熱保温構造)
◉ 中小企業庁長官賞受賞(H28 AYAS工法)
◉ 特許庁長官奨励賞受賞(H27 内装材付遮熱工法)

メディア


◉ 朝日放送「おはよう朝日です」
◉テレビ東京「トレンドたまご」
◉ NHK「おはよう日本」など